徒然 Ver3

見て美味しそうと思える料理の写真を メインに更新していきたいです。ただ無理出来ない体なので いきなり停止したらごめんなさい

カツ丼

ハイレゾ環境の構築と大外れのカツ丼


去年のことになるんですが、販売終了直前のiPod Classic120GBを購入。
これは今まで使ってたiPod TOUCH(第5世代)をハイレゾ環境にして
従来の音源は全てClassicに入れようということに。

1896161_2084446577_70large



Classicはハイレゾ環境には使えない、ハイレゾ用の再生アプリが
インストできないから。

なのでiPodTouch 5世代目を空にして、HD Player Packを取り込んで
ハイレゾ音源を入れる作戦。
実はこれが面倒。

まず、ハイレゾ音源のMoraから音源データを取り込むのがやっかい。
PCに落として、端末、NASに転送するのはどの環境でも同じなのだけど、
ハイレゾのアルバムを1枚落とそうとすると、まるごとダウンロードができない。
ハイレゾの音源は全て1曲づつ、DLする必要がある。



今回、TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー〜ライヴ・イン・ポーランド 2013
のハイレゾ音源を落としたのだけど、これ手動でいちいちDLを確認しながら21曲を
落とさなきゃいけない。

このままではiTunesには転送されないので、このDLした楽曲を
一度、iTunesにiPodを接続し、そのiPodを指定して、概要タブからアプリケーションを
選んで、HFplayerを選択、これを選択して、一番下にある、テキスト用の空白に
ドラック&ドロップ。

1896161_2084757610_20large



でその後、iPod本体を起動して、HFPlayerを起動して(トップ写真)
の同期を押してやっと、FLACファイルが転送同期される。

でサウンドドロイドを32ビット/192MHZに切り替えて、iAmpを指定して
やっとDSD再生が可能になる。
確かに再生された音は別次元、空間の構成、音の粒立ちが細かくて
ワイドレンジが広く、インナーによっては低域が出すぎる感じもするか。
音が新鮮で曇りがなく、解像度が極めて高い。
ココまでの手順を踏む価値はあるかな、音源は3000円でしたのでそれほど高い
わけでないですね(CD媒体で3000円オーバーでしたから)
さてリケーブルをもう一度考えましょうか
後日、ここにハイレゾ用のボタアンを追加、これは後にしましょう。


さてとある日、大森へ出張。
時間もないし、駅前の富士そばでいいかと入店。
?なんか薄汚れたような感じがひしひし。
とにかくテーブルが汚い、ほとんど拭いてるという感じがしない。


後ろでは大陸系の人か?と思える若い母親が小さい子供に蕎麦を
食べさせている、うーむ。


カツ丼をオーダーしてみたんだけど、出てきた物を見て唖然

1896161_2156662316_133large


なんだこれ?ご飯はぼそぼそでかなり少量、冷えたカツを適当に
出しだけ入れてとき卵をいれて煮ただけ、以前、ここでカツカレー牛丼を食べたけど
オーナーとか替わったんでしょうね、もうリターンすることはないですここは。



松乃家 上大岡店 ミニささみソースかつ丼とから揚げ


とある日、定期検査の後、その日初めての食事を。
雨もひどかったので荷物を持って帰るのも面倒ねと
途中で、松乃家へ。


最初に自販機で食券を買うわけだが、確か、ミニささみソースかつ丼が
出てたはず、ぐるっと見回してあったのでポチ、350円ですか。
それだけじゃねとビールとから揚げ3個を。

店員さんに食券を渡すときに120円渡してポテサラも追加。

で最初にビールとポテサラ登場、安定してます、こちらのポテサラ。
アルコールの種類がビール以外にあるなら、アルコール3杯とポテサラだけでも
いいかも。

010



次に鶏から3個。

014


うーむ、油がきれてない、味つけも今一つ、この店はフライもののほうがいいかも。


015


で最後にミニささみソースかつ丼が到着。
ソースかかってないのか、レギュラーサイズのささみカツ丼にはなすのフライと半熟玉子、ささみカツ2枚
これで150円の差があるのかうーん、ご飯の量が半分以下ならそちらのほうがいいかも。

東戸塚 松乃家 カツ丼

これは前のカレーより前に食べたときのもの。

この日が松乃家へ入るのが初めて。
そもそもとんかつ専門店にはいってロースかつ定食とかひれかつ定食を
頼んだことがなかったり。
なんかカツが工夫されていないと見向きしない傾向にあったりします。
というわけで、カツ丼をオーダー

1896161_2030918381_58large


途中からポテサラも。

1896161_2030918380_201large



悪くはないんですがなんか特徴がないかなと思ってしまう。

1896161_2030918379_242large


量は私にはちと多い(ポテサラ不要だったか)
丁寧に作っているとは思うけど、なんか一つ足りないような(味がぼけてる感じ)

黄金町 えきめんや カツ丼



外食制限は外れたその日、一体何を食べにいったっけなと調べてみたら
何食べてたんだお前と思うようなものでした。

というか、あれにしようこれにしようと散々迷った挙句ってやつ。
普段、優柔不断って言われることは全くないんですが、1年ぶりに外で
食べるときにはやはり妙な葛藤があったってことですね。

でそれが、黄金町の駅構内改札外にあるえきめんやで
しかもたち食いそばやなのにカツ丼だったり。


この店、16時を過ぎると缶詰メインの酒場になるんですが
この日は昼前からぐるぐる回って結果、15時すぎにやっと食事しようという世界

まだ酒場としてはやってないのでアルコールもなし。
しかもこの店に初めて。

1896161_2140844291_219large


それでもなんか嬉しかったですかね。呼ばれて喜んでカツ丼とりにいきました。
でもこれがめちゃくちゃ熱いわ、汁だくだくだわ、ご飯炊きたてだわでとても食べにくい。
流し込むようにいただきましたよ、味はあまりに熱くて覚えてなし。

1896161_2140844290_120large

東戸塚 松乃家 ロースカツ丼 とポテトサラダ


東戸塚出張時、午後から目いっぱいの打合せ予定
だったので、早めに食事をとることに。


松乃家でいいやと言ってみるとすでに客が結構な入り。
人気あるのねここは。

1896161_2030918378_129large



さて何にしようか、考えるまでもなく、ロースカツ丼、迷ってポテサラも。

1896161_2030918382_171large


店内よくみると、食べた後の食器が下げられてない、というかおばちゃん、言われるまで
片づけてないのか、まだ慣れてないパートさんか。

オーダー時に、ご飯2/3でお願いすることに。ポテサラ頼んでたし。

玉子をかき混ぜる音がしてすぐにできるかなと思ってたら
どうもごはん少な目としての2/3が通ってないというか忘れてたみたい。

1896161_2030918381_58large


出す直前でごちゃごちゃしてたし、ご飯粒がはみ出てる、まだまだ厨房も慣れてないってことか。

でポテサラも一緒にでてきましたがこれが予想外。

1896161_2030918380_201large


これじゃわからないと思います、こっちの写真を(若干ピンずれですが)

1896161_2030918379_242large



サラダのサイズがどんぶりに近い… 120円ってこの店では割りと高め設定かと
思ったらそういうことかい。
これならごはん半分でいいや。

カツ丼のたれは日本食研の関東どんぶりのたれの味です(笑

品川シーサイド 新宿サボテン ロースカツ丼 と自宅でヒレカツ丼



時折、カツ丼というヘビーなものを食べたくなる。
今回は食べたくなるというか、回りを見たら行列の長い列ばかり、
新宿サボテンは数名のみ、でも店頭のお弁当は売り切れ、なら
手軽なのはカツ丼かとオーダー。


これがどうもオーダーミスが直前であって、今出来上がったカツ丼がすぐ
私に手渡された、ラッキー。


職場につくと真っ暗、はあ、とため息もつきたくなるが節電ですな。
人前でデカいため息だとかあくびだとか、居眠りのいびきなんてもってのほか。
んな恥ずかしいことはしません(と書けば、やってる人間がいるとわかりますね。東北大卒の博士サマ
が隣の部にいるんですが、これがまんまこのとおりをやってのける、30代後半らしいですが
見た目、50後半のカッパ頭の無呼吸症候群を起こすタイプですな)


php



新宿サボテンのロースカツ丼はかなりいい線いってます、和幸より全然うまい。
シンプルにカツと卵とじだけなんですが、実にだし汁が旨い。

1896161_1978387843_198large


この直球は好きですね。

1896161_1978387839_214large



でちょっと前に自宅でヒレカツ丼を。

ネギと冷えたヒレカツがあったもので。一応道具はあるんですよね。

1896161_1972970931_56large


1896161_1972970930_250large


ダシは少し甘目で結構うまくいきましたよ。

大井町 富士そば東口店 カツ丼

先日、伊勢佐木の富士そばで食べたカツ丼があまりにまずくて
富士そばのカツ丼がそんなにまずいわけがないと、大井町の富士そばでリベンジ。

雨がしとしと降る日で、時間もお昼帯なのでどんどんリーマンが入ってくる。
が、中にヒラヒラのレースのついたドレスっぽいワンピを着てる女性、
ミルも無残 もとい、場にそぐわない感じの人ががつーんとしたせっとものを食べている。
体サイズからセットダブル的なものが必要なのでしょうね。

その人のちょうど対面(見えないですが)に座ってカツ丼を待つ。
というか待つというほどの時間ではない。3分もせずにでてきた。

1896161_1951459045_185large


昔、4切れだったカツは3切れなのね。

この店のは白身と黄身を軽く混ぜて、煮てる感じ。
ふわっとした部分はちゃんとある。

1896161_1951459069_124large




若干のつゆだく、これが本来の富士そばのカツ丼だと思うのですよ。
ご飯の炊き方が多少堅くてもツユがそれなりにあれば、ちゃんと成立する、
この食べ物はかっこむものだから、ざっと流しこめるようにダクダク的なほうがいいと思う。

1896161_1951459269_181large


材料とかは全く同じだろうけど、ツユの量で印象がまるで違う、ここのカツ丼が正しい姿かと
(もうひとつ大井町三つ又近くににある富士そばのほうがさらにいい感じ)

伊勢佐木 富士そば カツ丼


とある会社の帰り、珍しくも関内へ。
がっつり飲もうかと思ったが、いろいろ体の影響もあるしねと軽くビールとそば
にでもしようとふくろうへ。

が、なぜかシャッターが閉まっている(まさか閉店と思ったらその直後にツイートがあったので
ちょっとしたタイミングのずれか)。

どうしようと伊勢佐木モールをさかのぼっていくと富士そばが見える。
富士そばは店によってビールがあったりなかったり。

券売機を見ると、缶ビール380円とある。うーんはそれはちょっと…
アルコールなしでいいかと、ざるに梅天にしようかと思ったが、てんぷらが全部売り切れ。
時間がかかるという。

なら久々にカツ丼でいいかとオーダー。

黄身と白身を分けて煮たてるのが富士そばのカツ丼の特徴だね。

R0022108


460円とはいえなかなかのカツ丼だよねと思ってたのですが、この伊勢佐木のはちょっと…

R0022109


カツが堅い、少ないというのはいいとして、ご飯が堅い、東南アジアの米を
炊いてるのかと思うくらい堅い。ふっくら感がどこにもない。これでつゆだくなら
いいけども、ちょっとこれではね。

R0022110




なんかチョイスミスしたかな、やはり繁華街の路麺系チェーンは手抜きというか
雑な感じが強い

品川シーサイド 新宿さぼてん ロースカツ丼

相変わらず、昼食難民の日が続きます。
加えて、ランチに向かう場合、職場から出る場合のスタイルが大きくその後のランチの
行方を制御します(笑


,修里泙泙離ッコで職場から出る(Yシャツ)
⊂綯紊魃織って出る
コートを羽織ってでる。

この3つのパターンで行き先が変わります。
のスタイルの場合はどこでもOKなわけですね(某所の食堂除き)
一番よくあるのは,離僖拭璽鵑覆錣韻任后△海粒聞イ里泙沺外に出るには寒すぎ。
よって行き先が限られます、ほっともっとに行くことすら無理(おにやんまもさくら水産も無理)

とはいえこのまま出ていくスタンスが多いわけで、ランチもお弁当系に限定。
イオンのフードコートはとにかく人で一杯、すき家とか陳麻家には長蛇の列。
空いてるのはお弁当ってるお店だけ、というわけで新宿さぼてんへ。

ここはやや量が多いのですよね。
手ごろなのはとみてたら、ロースカツ丼ができたてで店頭に。それにしよう。

画像 313_copy



100円割引で売ってたのですが、このロースカツ丼は和幸のより食べデがあります、
ロースカツのサイズが大きい、その割にご飯も適量ですしね。



割り下もちょうど、これで50円くらい追加して、半熟玉子とか乗っけてくれると嬉しいのですが。

東戸塚 神戸ランプ亭 カツ丼ポロネーゼ


昼ちょいすぎ、東戸塚に出張。
昼過ぎというかすでに14時を過ぎている、とはいえこの後、自分の仕切りの打ち合わせ
でしかも長丁場になるからなんかお腹にいれておきたい。

最初、スシローにいってみたのですがまさかの満席…
他になにがあるだろうかと、ふと思い出したのが神戸ランプ亭。

横浜市内でもかなり少ないチェーン、以前、関内勤務のとき、桜木町の
店にはよく朝飯で入ったのだけど。

店内は消毒くさい感じ、先客は1名のみ。

最初にカウンターでオーダー、精算だったね。
どっちに並んでいいのかよくわからない微妙な配置のレジの前に
行ってオーダーを。
なんか変ったものはないかと見たら、「カツ丼ポロネーゼ」なるメニューが。
カツ丼の上にミートソースがかかっているってこと?

んじゃそれを。

お茶はセルフなので給水機で酌んでくる(ってお茶じゃなくて水でしたが)

しばし待っていると、自席まで料理を運んでくる、一人だからすぐにわかるけど
混みあったときはどうするんだろう、このオーダー、精算、配膳の仕組みが
わかりにくいので敬遠されるきらいがあるのではないかと。

さてそのカツ丼ポロネーゼ

1896161_1808067689_62large


ほんとにカツ丼の上にミートソース、しかもちーずまで。
食べてみるとソースが冷たい…冷たいのでちーずが全く溶けない、なんだこれ。

1896161_1808067686_149large


カツ丼そのものはそこそこいける味なんですけど、ミートソースとちーずに合わせると
首をひねざるをえない、普通に食べれますが、ミートソースの印象はほぼなし。なんか邪魔って感じも。


ちなみにこのメニュー、HPにはでてませんでしたし、店頭前のポップにもありません。
レジの前にあるメニューの中にだけありました。
(さらに調べたらFacebookにありました、この月曜、22日から発売されたみたいです)



来週の孤独のグルメは地方遠征ですね、原作、Season1から見てるので地方遠征はかなり楽しみ。
原作のゴローさんのイメージと松重さんのイメージ、最初はうーんと思いましたが
なんか彷彿させるものがあるんですよね松重さん。

旨そうに食べるし、食べ方がキレイ。

こんなドラマ、マニアくらいだけかなあと思ってたら女性人気が相当あったみたいですね。
だからSeason1が今年の初めで、Season2が同じ年の後半に始まるなんて嬉しい誤算が
起きたわけです、毎週楽しみでしょうがないです、なんせ、原作と違う店で展開するのが
久住さんのポリシーですしね。
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 北品川 ラフェクレール で差し入れ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義