徒然 Ver3

見て美味しそうと思える料理の写真を メインに更新していきたいです。ただ無理出来ない体なので いきなり停止したらごめんなさい

酒、ドリンク

寿司用ワイン オロヤ スペイン


イオンのリカーショップ、時折、いいワインがあるので
ちょいちょい眺めてる、こんなワインがあった。


オロヤ スペイン

R0021564


R0021566



スペインワインなのですが、日本人が作ってたのか、しかも女性。
一緒に寿司を食べてみました、ワインと海鮮を組み合わせたときに感じる
生臭さとか、後味の悪さを感じない。

1896161_1875581099_181large


1896161_1875581102_138large


特に貝やいくらや〆サバが合わないと思ってましたがこのワイン、邪魔しません(上とは別に握りを
食べてます)。

寿司をひきたてる感じはあまりないのですが、アナゴの甘いたれも醤油の邪魔もしないし、
果実味が軽く、癖のない味わいがすべての海鮮の邪魔をしない。
ただ、私には酢飯との相性は今一つというか、軽く感じる果実味が
ご飯と少し合わない感じ(そもそもワインとごはんの組み合わせという意味合い)


番外編 福富町 「BAR ジャブロー」



ヨコハマ経済新聞を見てたら、横浜にガンダム関連バー「BARジャブロー」が11日にオープンしたとある。
どんな店ではあるか、新聞で雰囲気はわかるが、詳しい場所がわからない。
どうも日ノ出町駅前からオデオン方面に歩いていく途中っぽいのだが。

横浜橋に出向いた際、探してみました。
おそらくこの辺だろうと、推測をたてて福富町に向かって歩いてみる。

歩いている途中に、ぱっと目に入ったものを確認するために戻ってみる
とそこにはこんな看板が。

GRD5-1 1747


あ、あった!

場所は日ノ出町駅から歩いて、オデオン方面へ直進、吉野家日ノ出町店前を通りすぎた先の交差点角に焼肉屋さん、その隣の隣くらいかな。


GRD5-1 1748



さすがにジャブロー、地下だったのね(笑
よく見たらメニューを含むポスターもはってあった。

GRD5-1 1749


ココを探してた時間、まだ昼過ぎ、オープンにはまだまだの時間、
というわけで今日は場所を見つけただけで良しとしておきましょうか。

ちらっとついでに。
先日、相鉄線に乗ったとき、小腹が減ったことも合って立ち寄ってみた
相鉄線横浜駅の星のうどんの「ごませいろ」

GRD5-1 1710



ちょっとゴマ汁が辛すぎる感あり。うどんは旨いのですが。

日ノ出町 日の出理容院

発掘作業で出てきた写真です。

ちょっと前に出向いた店、「日の出理容院」。見た目は古い理容院、でもバーなんですねここ。


179207104_84



知人と20時過ぎに出向いたんですが、開いてるかどうかがわからない、ドアの隙間からほのかに灯りが見えますので思い切ってドアをあけると、そこは本当にバー。

バーキーパーの女性がニコヤカに笑っている、カウンターに座ってオーダーを。
この店ではカウンターに小さいグラスがあり、そこに現金を入れておく、オーダーと一緒にそこからキーパーが代金をとってお釣りをいれていく、キャッシュオン形式になります。


画像 1139


店内は薄暗い、なんともいい雰囲気、昭和がそのままフラッシュバックしてきたような感じ、おつまみは落花生。
殻はカウンターの下に捨てる、シンガポールのホテルラッフルズスタイル。

さっと飲んでご馳走様、さて次にいきますかとハシゴが続くのです。

上大岡 酒のコムロヤ ホッピー


ただでさえネタがないというのに、明日の分を間違えて公開してしまった…


もう仕方ない。


自宅の近くに酒のコムロヤさんという酒屋があるんですが、ここに業務用のホッピーが売ってます。
ホッピーってむかーし飲んで受け付けないと、ずっと十年以上飲んでなかったんですが、今回、キンミヤ、ホッピーを三冷というホッピービバレッジが提唱するのみ方で飲んでみました。




GRD5 450




おお?

旨いじゃないか!

今の発泡酒なんかより全然旨い。

えーと、これはどこの冷し中華だっけか?ホッピーと冷し中華の組み合わせは
今年の私のフェイバリットになる可能性大!

GRD5 270

最近購入した各種アルコール(ワイン、マッコリ、梅酒)

自宅で飲むことが多い私、必然的に自宅にはアルコールがそろいます。
最近購入したのはこんな感じ。

GRD4 861



ワイン

左:ポムロールレゼルバ 2003 これ2度目の購入です、
  果実味がしっかりして、特にりんごと杏の味が良いです。

中:シャトーヌフ・デュ・パプ 2004 初めてのヌフ・デュ・パプです。
  エントリーとしてはこれがいいと知り合いのソムリエに薦められま
  したので。

右:ヴェルジェ ブルゴーニュ グラン・エルヴァージュ 
  これが超目玉です、なんとこいつはムルソー村として売られている
  ブランなのですが、実は生産地はピュリニー・モンラッシュ村だっ
  たりするんですよ。つまり、あのDRCの ピュリニー・モンラッシュ
  の格落ちワインってわけです。
  酸味はほとんどなく、まろやかな味わいです。

ワインとマッコリ

なんだか珍しく購入してしまった、缶入りスパークリングワイン(シャルドネ)とマッコリ。


GRD4 1074



缶入りワインって初めてなんですが、意外と高い。ただかなり飲みやすいですね。シャンパーニュとはまた違ったさわやかさがあり、するっと入ります。がアルコール分はしっかり13%あります。
瓶入りのマッコリは初めて。
マッコリ(デポ)というのだそうです、ソウルでも3月新発売のマッコり
ようです。日本の上大岡のひまわり市場でバンバン売ってました。

ただ、口当たりはとてもよいのですが、あっさりしすぎて物足りない感じ。

そして、某酒屋さんの棚奥深く、隠されるように展示されていた
「越の景虎の梅酒」


GRD4 1076



2月と11月に限定販売され、売り出されたとたん、売切れてしまう梅酒。越の景虎の「龍」をベースに作られる梅酒で、甘みが抑えられているのでくどくなく、さわやかにすっきり飲めます。
梅酒は甘いから苦手だという人、日本酒はくどいから苦手という女性も
これなら大丈夫、ほんとに旨いです。でもここ数年で人気が高まり、幻となりつつある梅酒だったりもします。

自宅にはこの1本で一升瓶が2本、4合瓶が1本キープ!

どこぞの宴会で放出しましょう。

なんちゃってオレンジ



実は先週はお腹に風邪の菌が入ったのか、脱水しまくり…

こんなときは水分補給ねと大量に飲み物を購入。
その中の1ホン

GRD4 185


チェリオの「なんちゃってオレンジ」果汁10%程度のオレンジなんですが
発想が面白いですね、そのまま飲むと、オレンジジュースに思えないのがなんとも。

ホワイト&マッカイとヒューガルデン

ブログネタ
よく飲む「飲み物」と言えば? に参加中!
横浜で降りて成城石井で見つけたのがWHYTE&MACKAYのスペシャル、隣は今飲んでいるブルーラベル。

GRDw2 2271



1200円とエラク安いし、今まで見たことがない。ホワイト&マッカイは一番好きなブレンデットウイスキーでブルーラベルを始めとして12、15、18、21年ものを飲んでるのですが、このホワイト&マッカイ・スペシャルは初めて。(30年ものは見たこともないのですが)


調べたら、1882年にホワイト&マッカイが創立されてすぐに出されたブレンデットがこのホワイト&マッカイ・スペシャルだそうな。
これがスタートの味ですか、このウイスキーメーカーは創立当初からそのブレンド製法を一切変えてないとのことで、当時も今も同じ味なんだとか。

このウイスキーはソーダ割りにするのが一番美味しいと思います。
(レモンを少し入れるとウイスキーの独特の風味が消えるので呑みやすいかと)


さらにみつけたのがこれ

GRDw2 2262



珍しいヒューガルデンホワイトの缶。

成城石井の限定品、並行輸入ってことですね(正式な代理店はベルギービールJAPANのはず)

瓶より少し安い340円、味はきっと同じなんでしょうかね。
ヒューガルデン専用グラス4つ持ってますので、これでぐいっといきましょうか、でも暑いときのほうがいいな。

プピーユ&ジゴンダス

プピーユ2003
プピーユ2000
サンタ・デュック ジゴンダス


ビンテージの違いが味の違いとしてはっきり認識できた私にとっての記念のワイン。
特にプピーユ2000はバカ旨!最近、かなり値上がりして4000円弱の値段がするかな。

同じような値段で販売されているのが、サンタ・デュック ジゴンダス。
楽しみにしていたんですが、こいつはあ、ブショネ…、初めてぶち当たったブショネがジゴンダスとは…。

これも勉強!


New2 321

日本酒三種

あまりお目にかかれない日本酒を3本。

左 越の景虎 梅酒
中 出羽桜 雪漫々
左 天狗舞 梅酒

特に左の越の景虎の梅酒は昨年の暮れ11月の販売では人気が殺到し、
まさに幻の梅酒となってしまった1本。

近所に、越の景虎の全種類を取り扱う店があるので、そこにお願いして入手しているようにしているのだが、手に入ってもせいぜい1本だけ。
年間を通じて販売されているものではないので、ピンポイントに複数の店に半年くらい前からオーダーしておくしかない。

それだけの価値は十分にある梅酒だと思います。



New1 754
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 北品川 ラフェクレール で差し入れ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義