徒然 Ver3

見て美味しそうと思える料理の写真を メインに更新していきたいです。ただ無理出来ない体なので いきなり停止したらごめんなさい

駅弁

新潟 駅弁 まさかいくらんなんでも(寿司)

所用で新潟駅へ。
(ほとんど市内に入らず、トランジット笑)

10分ほど時間があったので、駅弁を購入。


1896161_947729054_85large


「ま」は鱒。
「さ」は鮭。
「か」はかに。
「いくら」で、

まさかいくらなんでも寿司

1896161_947729052_4large


酢飯が×、新潟のお弁当でここまで米が今一つなものは記憶がない。
普段から地元から送ってもらっている米食べてるせいか(新潟の上越から)

上大岡 崎陽軒 横濱チャーハン


シウマイ弁当に並んで人気があるといわれる崎陽軒のチャーハン


1896161_1355502312_87large


ちゃんとシウマイも入ってるし、エビもぷりぷり。
若干、とりにくい炒めたご飯ではあるが、シウマイ弁当の取りにくさとは
比較にならないくらいに食べやすい。


1896161_1355502311_32large


行楽のお供にぴったり、売り切れてることがよくあるんですよね。
これで540円、730Kcal前後とこれまた低カロリー。

1896161_1355502309_211large

京急品川 崎陽軒  おべんとう 魚(都内限定)


崎陽軒の地域限定弁当はいくつか出ています。
限定の弁当の一覧はこちら

横浜市在住なので、神奈川地区の限定弁当は
割と簡単に手に入るのですが、東京エリア地区限定の弁当が手にはいりにくい。
それがこの「べんとう 魚

京急品川駅の崎陽軒にいってみたら一つだけありました、おばちゃんもこれが
東京限定と知らなかったというし。

1896161_1194728011_191large



特徴はシウマイが入ってないこと。
でも入ってないものまたいいです、鰆の照り焼きが旨いし、なんといっても500K覆
切ってるんですこれ。
それでいて、満足感があります、崎陽軒のお弁当ってどれもカロリー低いですよね。
タニタ食堂が話題になってますけど、崎陽軒もこの低いカロリーをもっと前面にうちだせばいいのに。


1896161_1194728007_73large



美味しくいただきました。

上大岡 崎陽軒 シウマイ弁当

少し遅く出社予定な朝、普段の出勤時だと
まだ開店してない京急上大岡駅の崎陽軒の弁当売り場。

あ、開いてる。
昼めし、外出るのもね(遅く出社したときは)と思って、弁当を購入して
いくことに。

四季折々の弁当はシーズンごとに購入しているけど、一番の売れ筋
シウマイ弁当はここしばらく買ったことがないのでこれにしよう。

750円って値下がりしたのかな?
横浜工場仕様の紐でくくってあるタイム、この紐をかける専任者がいるそうですね。
それでも間に合わないので東京工場で製造されるものは段ボール紙でのかぶせ式
になってるようです。

1896161_1592010843_233large



電車で移動してたんですが、袋にしっかりいれて
鞄の中へ完全パッキング。
そうしないと匂いがもれるんですよね、自分の好き嫌いにかかわらず、車内が
なんらかの匂いで満たされるのは回避しないと。

同じシウマイ弁当のジェットタイプがなくなったのもそんなことが理由にあるんでしょう。


さてランチ時、換気可能な別の会議室でいただきます。
やはりこのタケノコの煮つけが旨い、シウマイ5個はちと多いくらいか。
ご飯の米粒も相変わらずとりにくい(笑

1896161_1592010841_132large


久々に食べてみるとなんかこれでは足りないように思えるのはビールがないせいかしら。

東京駅 駅弁 吉野笹八 お寿司やのお弁当

週末、実家に戻り、月曜早朝、始発に乗って東京駅へ。
8:50過ぎに到着、これなら週末、実家に戻っても大丈夫か。

昼に外に出るのもねと、旨囲門で駅弁を物色。

これでいいかと吉野笹八の[お寿司やのお弁当]を

1896161_1535647939_198large


お昼、ふたを開けてみると、うーん…
これといった特徴がない、笹寿司は鮭だったか、酢飯の味も単調でどれも同じに感じる。
鮭の焼きものは薄く味がしない、これで1000円は高め設定か。

これぞというワンポイントだけでも示してくれればいいのに(東京駅の場合、駅弁以外の
お弁当も安く売ってますからね、駅弁であるなら、他のランチ弁当と違う点がほしい)


1896161_1535647935_206large

上大岡 崎陽軒 皆勤快食



やっと入手できた、崎陽軒 神奈川エリア限定、しかも平日の午前中にしか
販売しない朝ごはん専用のお弁当。いっつも売り切れてたんですけどやっと。


1896161_1316379447_34large


シウマイは入ってない、とてもスタンダードなオベントです。
これ朝はちょっと多いですけど、昼だとうーん、気持ち足りないという感じ。


1896161_1316468630_19large


朝ごはんで600円ってのもちと気になるところではありますが
このスタンダードはいいですね、日本人にはなじみ深い。

1896161_1316468635_115large

高崎 鶏めし

長野新幹線に乗る機会が多いのですが、
昼を挟んで乗車するときにはやはり駅弁をば。

もっとも好きなのは高崎の鶏めし

何度食べても飽きないこの味なんです、駅弁の中で一番好きかも。

1896161_932436948_58large



そぼろと照り焼きが旨い、このそぼろの感じは大量につくるから出せるのかな。


1896161_932436950_184large


こんにゃくも旨いです、最近は長野から乗車するときもときどき、ホームの駅弁売場に
あったりします。峠の釜めしも新幹線車内のみならず、長野駅で売ってる時間帯があるようです。

京都 駅弁各種 あゆ寿司 はも寿司 その他

京都から帰る際、いつも食べていくのが近鉄八条口にあった鳥料理の店「とり八」のとり八弁当でした。近鉄八条の商店街がリニューアルされ、
「みやこみち」と名称が変わった中、2軒あった「とり八」は一軒になったももの健在でした。

ただ、今回、時間が合わなくて断念。ぽんから食べたかったな、とり八弁当はまだ売っているんだろうか。

とり八に寄らないときは駅弁に頼ります。
ただ探していたお弁当が見つからなくて、仕方なくまずこんなものを購入。

よくあるチキン弁当…

GRD7 681


GRD7 682


GRD7 685


普段、この手のものは購入しないのですが、多分、とり八のぽんからが食べたいという一心でしょうか(笑)

これが意外にとりからが柔らかく、量も結構ありましたわ(これは家で食べました。)

他に買い込んでいたのが、はも寿司。
これも季節が違うなと思いつつ、購入したものですが。

GRD7 686


GRD7 689



中を見ると、柚子ポン酢が入っており、これをかけて食べるべしとある。
とりあえずかけて食べてみたのですがうーん、まあこんなこのかな。
これなら錦で魚の焼いたん買ってきておけばよかった(これも家でいただきました)。

この2つの弁当を購入して、新幹線ホームに上がります。
予約車両とは反対方向に向かってたことに気づいて反転。逆方向へ。
すると、ホームの端に弁当やさんらしい建屋が。

おお、これは探していた「萩乃家」の弁当販売所。
あるかなあるかなと、聞いてみます、「あゆ寿司ありますか?」
「はい」との返事、見ると最後の1個だったみたい、でも買えた。


あゆ寿司はなんと530円です。

GRD7 674



あゆを酢で〆て骨まで柔らかくなったものが半分づつ、軽い酢飯に押されています。
あゆの押し寿司ですわ。

GRD7 678



いやーこれがたまらなく好きなんですよ、人によってはちょっと生臭いという人もいるかもしれない。
でもこの寿司が京都の駅弁の中では一番好みにあいます。

本来はビールと一緒にといったところですが、妙に新幹線が混んでしまってて、車内で食べるだけにしておきました、ご馳走様。

上大岡 京急 大九州物産展 鮎屋三代

京急百貨店で開催されていた、大九州物産展をふらふら歩いてみました。
チキン南蛮とか明太子とか長崎かリーパンというのに目がいくものの
うーんこれといって食べたいと欲求に計られない。

イートインはラーメンとチャンポンに焼酎バーですか。
ラーメンは苦手な人なのでパスとして、チャンポンはいいかもと思ったら
「みろくや」さん。

それは東京駅前(丸ノ内口)で散々食べたからいいっす(長崎みろくやとみろくやは違う?)。

ふと見ると、九州駅弁 3年連続1位というフレコミのあるお弁当が売っている。「鮎屋三代」

とりあえず購入して家で食べてみることに。

GRD7 322


お品書きライクな紙が入ってますね。
天然あゆを使った甘露煮がメインなんですね。

GRD7 327


なんかこーいう書き物を見ていると楽しくなります。

GRD7 328


ちょっとISO設定をミスってフォーカスがずれてしまってますが。

GRD7 331


鮎の甘露煮は頭からがりっといけるのですが、ちょっと喉の奥に骨が残ったかな。
やっぱり甘いんですよね、これを中和してくれるのがこのご飯。
鮎の出汁で炊き込んでいるだろうご飯が秀逸。
冷めても美味しくいただけます。

GRD7 335


ちょっと寄ってしまってます(笑。
最後まで美味しくいただけました、この手のシンプルな弁当はやはり売れる理由がわかるような気がします。

上大岡 京急百貨店 四国・瀬戸内味めぐり カツサンド寿司

京急百貨店のデパ地下は毎週毎週、いろんな物産展が開催されている。
1週間ごとに回転することになっており、会社の帰りがけ、必ず一度は見にいくことにしてます。
今週は「四国・瀬戸内味めぐり」、なんか面白そうなものはないかなーと
人で込み合う狭い通路を歩く。
 
この手の物産展ではその地元の名物の寿司系の出店が必ずあるんです。
そこを眺めていたら、目にはいったのが広島空港の空弁「カツサンド寿司」

食べたことがないぞ、カツと酢メシのコラボなんて、というわけで買ってみました。880円、高いかなと思ったのですが…(後に続く)

実際に店頭においてあったものではなく、出店内で別途、詰めてくれたものをだしてくれました。

GRD5-1 071


中を開けると 3種類に分かれています。

GRD5-1 072



あ、これビーフカツだったんですね、広島ということもあってオタフクソースも付いてます(笑

3切れで880円は高いかと思ったんですが、意外にボリュームがあります。

GRD5-1 077


ソースはあってもなくてもどっちでもいいかな。
酢メシに妙にカツがあいます、マヨネーズが取り持ちしてるのかな。

GRD5-1 073



で食べていて思ったのは、これお茶とあわすの?それともコーヒー?
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 北品川 ラフェクレール で差し入れ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義