徒然 Ver3

見て美味しそうと思える料理の写真を メインに更新していきたいです。ただ無理出来ない体なので いきなり停止したらごめんなさい

焼き鳥

関内 秋吉で 軽く一杯



金曜 15時過ぎに京急が人身で止まったとニュースをTLで知る。
京急のことだからすぐに復旧するだろうと思ったが、30分たっても50分たっても
復旧してない。

結局定時間際に復旧したとのTLを見かける、これではダイヤは
乱れまくっているだけか、なら京浜東北で帰ろう。
同じ時間帯で帰る電車を比較すると京浜東北のほうが圧倒的に混んでますね。

8/1にリラックマ電車が大井町の操車場に止まってたとのことだがさすがなかったか。

などと考えながら、この先どうしようかと考える。横浜で降りても京急は?だし
地下鉄でもいいんだけど。
新杉田まで行っても杉田から京急が動いてないか。

そうだ、関内で降りて飲んでいくか。
と関内で降りて、秋吉の前を通りかかると一人でていく、席があいたのか入ろう。

デジカメなかったのでスマホで。

相変わらず、元気がいい店

1896161_1979857090_170large



最初はアカ(レバー)から

1896161_1979859968_156large


あまり入荷がないレバーだがオーダーを聞いているとすごい数が入ってるみたい。
40、50本は当たり前って感じで。


次のオーダーは私の定番 ピーマンフライ

1896161_1979860673_174large


旨いんですよこのピーマンフライ
必ずオーダーーしますね。


店内は煙でもうもう。

1896161_1979862481_123large


ビールから麦焼酎にかえて、ミノと純けいを。

1896161_1979863951_224large




ミノも旨いんで必ず頼むんですよ。

でもこの店はこれで終わり、ごちそうさまでした。

そのまま地下鉄に乗って弘明寺で降りて 天丼の豊野へ行ってみたが
先日出向いたと同じ、営業していない。そもそも店のHPが落ちてたことが気になったことがきっかけ。


前にお昼に行った時と同じ店内、布巾がかかったまま、自販機が空いたまま…
閉店なのかなと思ったんですが、どうも御主人が体を壊して
店を閉めているとのこと、夏場の油の前は厳しいですよね、早くよくなりますよね。

関内 秋吉

いつもうるさいくらいに元気な秋吉、一人でいってもいい感じに
ほったらかしてくれるのでちょっと飲みたいなときにでかけます。ただ満席のこと
のほうが圧倒的ですね。

最初のオーダーはいつもきまっててピーマン揚げ

1896161_1147642044_106large


ピーマンのフライ、揚げものって妙に好きなんですよ、ソースにマスタードを溶いて
いただきます、2皿食べることもあったり。

つぎは赤(レバー) ちなに赤は月火は入荷がない、もしくはごく少ない量という話
なので確実食べたい場合は水曜以降です。

1896161_1147642046_77large


次はミノ(2本食べちゃってますが)

1896161_1147642043_214large


で豚のピートロを。これは、豚の味噌焼きでポン酢にねぎを入れたタレで。

1896161_1147642047_18large


瓶ビールと、麦焼酎ロック1杯で気分よく帰宅。
ぐっすり眠れました。


関内 秋吉 一人焼鳥


電車に乗っているとき、なんか呑みたいなという感覚に襲われて下車。
降りたのは日ノ出町駅。

さてあまり量はいらない、焼鳥数本とビールがあればいい、泡盛でもいっか。
と野毛の焼鳥屋老舗廻り。

末広  ×
益子  ×
若竹  ×

んじゃ

鳥茂  ×
庄兵衛 ×

不景気とはいえ、人気がある焼鳥屋さんはいずこも満席、底力があります。

そのまま関内に流れて、刀削麺でも食べようかと思いつつ、秋吉を覗くと2席ほ
ど空いてる。

それでは!

相変わらず、店員さんが元気よくてうるさいくらい。

まずは一番絞りをもらって、いつものピーマン揚げを。
これはいつ食べてもあきんばい!

その次に皮を。

NEC_0563


そして ミノを。

NEC_0564


もうこれでOK!
十分っす、ご馳走様、かえりまーす

関内 秋吉 いつもにぎやかだねー

土曜の夜、休日出勤だったので夜は飲むベイと途中で降りて日ノ出町から野毛へ。


がしかし…

末広    ×…
若竹    ×…
鳥益子   ×…
鳥鳥    ×…
福田フライ ×… 
鳥しげ    ×…

が^---ん全部満席…

毛沢東の店までいっぱい、なんでこんなに人が?、あ、明日は天皇賞か、
それでか…

途中、福富町の里葉亭 ×…満席


おおおおお、どこもダメなのか…、とうとう関内まで。
秋吉はどーよ、と覗くと、カウンターがずらっと空いている!
やった、ここだ!

若鶏の塩 (1本食べちゃってますが)

GRD2 327



ビールに合わせてピーマンフライ。
これ大好きよ!ピーマンキライって子供もこれを食べさせるべし。
ピーマンに衣をつけてさっとフライにして、ソースをつけて食べる。
これむっちゃ好き。

この店に来たら必ずオーダーする一品です。

GRD2 328



あまり入荷のない「アカ」、いわゆるレバーなんですが、聞いてみたら
あるという。じゃそれねとタレで。(2本食べちゃってます)

薄く切ったレバーをタレをつけてさっと火を通す。
ちょっと生に近い感じなので苦手な人は苦手かな、でもあっさりして美味しい!
GRD2 329



あまりに混んで、うるさくなりすぎたので40分で退散、ご馳走様でした。

品川シーサイド 仕立て屋のお弁当


品川シーサイドにある、飲み屋っぽい店「仕立て屋」がお弁当を始めている。
少し前は時間が遅いシフトだったので売っているのを見たことがなかったがシフトが変わり、お弁当が15種類ほどあるのを知って買って見ました。

丼に定食ものに、ちらし寿司とかいろいろある。お弁当が600円、丼が550円でお茶付き。

GRDw2 1470


ハンバーグ弁当という名前の弁当、ハンバーグも手作りで美味しいが、それよりこの筍の子のおこわがなかなか。
味もしっかりついているし、ボリュームもある、なるほどこれはみんな並んで買うわけだ。

関内 秋吉

いつきても人にあふれてて元気のいい店、カウンターは比較的開いているときが多いので19時前くらいならなんとか。

いつものミノとピーマン揚げをいただいてから初挑戦、鳥もも焼きのタレ。

GRDw2 1436


一見多そうに見えますがそれほど多くはないのでちょうどいい、タレがしみてて子どもはきっと大好きね。



次に水曜だったのレバーが入荷中なのでオーダー、赤5本!

GRDw2 1437



これはニンニク味噌と一味をかけてタレをつけて一気に。
くービールに合うんだよねーヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

大井町 酔鶏 ささ家(閉店)

大井町の飲み屋街のひとつ「オーイ飲食街」(前は大井町デパートなんて呼び名も。東急の高架下、イトーヨーカードの対面の地下)にある「 酔鶏 ささ家」。
ここは新鮮な鳥の刺身をだしてくれることがあり、時々利用している。
特にうれしいのは「ハートランド」の生を出してくれるところ。

これは焼き鳥の盛り合わせ(フォーカスずれてますね…)
ゆず胡椒がついてくるのが他の焼き鳥屋と違うところか。

New1 8481


別の機会に訪れたときにオーダーした、「下町のフォアグラ」。
鶏のレバーをポン酢とねぎで和えたもの、これがおいしい。
88724f13_640

野毛 庄兵衛本店 満州焼き

野毛の名店「庄兵衛」
満州焼きが名物で、季節に合わせた焼き鳥もいろいろ出してくれる。
写真は、満州焼き(甘味噌で鳥のかしらを焼いたもの)と同じ味噌で鶏肉を焼いた鳥の甘味噌焼き(多分、胸肉)

以前、ここで食べたアオヤギにさっと塩を振った焼き物がすばらしくおいしかったのだが、最近は見たことがない。以前聞いた話では、満足のいくアオヤギが手に入らないから、出せないとのこと。材料のよしあしは食べ物やの基準ですものね。

この店の店員さんたちはとにかく寡黙、その態度がすばらしく商売人らしさを醸し出して、なんともいい感じ。

画像 1289

画像 506


このレバーの塩焼きもうまいのですよ、
レバーの刺身とかもあるんですが、これは一人ではちと多くて。
(この店に来るときはたいてい一人なもので)

画像 1288

関内 秋吉

とある雨の日、出向いたのだが超満員(この日、野毛は閑散としてたのに)。
カウンターにやや空きがあったのでそこに通される、あれ?
メニューが机の上に貼ってある、前はメニュー表が別途あったんだけど。

なんだか値段と品数が違ってるような…

とり皮と、ピーマン揚げを
写真はとり皮

GRDw2 766

















2杯飲んでさっと帰ろうとしたら厨房でオーダーを取ってくれた茶髪のめがねっこが、にこやかに笑って「またいらしてくださいねー」と。
おー、隣の客とか近くにいた客が帰るとき、そんな会釈なかったぞー(笑)
ちょっとうれしい、さらに会計の際に「これだけ混んでいるのに、オーダーに遅れがないってすごいですね」というと、「申し訳ないです、混んでしまって。またいらしてください」と笑顔。

その直前にもカウンター内の厨房からなにかをカウンタ外に渡そうとしていると
店長らしき人が「そーじゃない、お客様の後ろ側から邪魔にならないように渡しなさい」と軽く注意。

うーん、この店のマナールール、サービスは非常にハイレベル、最近これだけのサービスを徹底できるチェーンもなかなかないです。

野毛 若竹

野毛の三陽のとなりにある、焼鳥屋。いつもモウモウ煙る様子は通りかかればすぐにわかります。
しかし、この店、いつも満席、なぜならココの焼鳥、特にレバーは絶品。
肉味噌をつけていただけば言うことなし。
もくもくと黙って焼鳥を焼くご主人に、常に言葉が口をつく女将(笑)
ちなみにここのウーロンハイは極めて濃いので注意が必要。

昔ながらの老舗なので、一見何気ない客の中には、とんでもない経済界の著名人も多々いてはったりしますわ。


画像 1134






































画像 1132
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 北品川 ラフェクレール で差し入れ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義