とある日、珍しいメンバで飲みに行くことに。
全6名、うち2名はよく知ってる友人、残り3名は彼らの部下。
でもこの部下たちがなかなかのキレ者、一人は日本酒の通、一人はとにかく細かいところに
気遣いができる、でもう一人は、ぶっ飛んでる(笑

遅れに遅れに到着して、私のお冷をぐいっと飲んで「旨い日本酒っすね、水みたい」
って水だよ。
久々にみるぶっとんでタガが外れた奴、好きだわコイツ。
この当時、私は相当に痩せてて、髯づらだったんですけど、その髯がいいのか
「その髯ずるいっすよ、いいっすよそれ」と言いまくり、初対面に近いはずなんだけど、
なぜにそんなにこだわる(笑


初めて来た店で予約なしで入れない店らしい。

お通し

1896161_2128407321_73large


刺し盛り

1896161_2128407325_101large



タラの白子

1896161_2128407327_69large



他にもフォンデユとか食べてたらしいんですが、久々に日本酒飲んだことと、
これ2次会であり、1次会でかなりぶっ飛ばしてたので、早々にダウンして
しまい、あまり写真が撮れない状態でした。