気になってた吉野家がだしてたベジ関連丼。
 うな重も気になるのだが、まずは順番としてこちらから片づけて行こうと
 チョイ呑みタイムにオーダー。

 なるほど野菜はそれぞれパックになってて湯煎しているのか。
 11種類の野菜とは確かに宣伝通り、ヤングコーン、オクラ、ブロッコリー、サツマイモ、赤パプリカ、
 黄パプリカ、インゲン、ニンジン、キャベツ、ニラ、玉ネギと入ってる。

 でこれが薄い塩だれ(中華風なのかな)で味がついている。
 
 foodpic6167451


 確かに野菜たくさんで食べでがあってうれしいし、この塩だれで野菜を食うのはいいんだが 
 塩だれとご飯との相性が私には今一つと感じてしまう部分あり。
 これが玉子ならご飯ともあうし、天津でその手のものあるから食べれるのだけど、
 ご飯も野菜の一種と考えると野菜を野菜で食べるという感覚がマッチしないのかもしれない。
 でこの日は紅ショウガをどーんと載せて野菜を食べることに。

 それとこの塩だれが決定的に煮込んだ牛と合わないと感じてしまう。
 どうしても塩だれがご飯に混ざり、そこに煮込んだ牛が載っていてこれの合わせがよろしくない(私には)

 野菜皿でビールは問題なく合うと思うんだけど、丼にすると?が飛んじゃうな。
 リピートはないかな。

 (ちなみにこの日の吉野家に頭がすっ飛んでる若いにーちゃんが来店中だったが、店員さんたちは
  何事もないように客をさばいていたのが印象的でした。別に難癖付けてるってわけじゃないタイプでしたが)