26、27日に海雲寺の千躰荒神秋季大祭が開催。

昼休みにダッシュして、例年のように
お札を実家関連で3枚購入して今年の分を奉納。

屋台を見渡すと、去年の半分以下か、さびしいかぎり。
1896161_2025262721_167large


1896161_2025262720_222large


1896161_2025262719_34large



たこ焼き3件、やきそば1件、タイ焼きの店とかは一切ありませんでした。
的屋の数自体が減ってるんでしょうかね。



その日の帰りに先日出向いた 「坦々麺 まえたん」へ。今度はご飯ものを試そうという算段。


ビールいただきます、肴は梅ザーサイ。

1896161_2025262882_143large


メニューを確認して


1896161_2025262879_220large



モヤし炒めをば。

1896161_2025262881_30large



もやしのしゃっきり感は十分、ただ味のインパクトが低い、
良い言い方をすれば、優しい味。
キライではないが、求める味ではないかな。

で次にチャーハンを。

1896161_2025262878_81large


1896161_2025262877_107large



これもプロの味というより家庭の味に近い、何だろう美味しいんだけどインパクトがない。
ただかなりの量があるのでお腹は一杯。

とりあえず、全部試したことになるのでこの店はこれまでかなと
重たくなった腹を抱えて、自宅まで15分歩き始めることに。


するとあることに気づく。
口の中の後味がない、よく脂ぎった中華を食べると口の中に痺れや後味が
残ることがあるが、それが一切ない。

あ、そうか化学調味料をつかってないんだ、アミノ酸を過剰に要求してたのは
私の舌のほうか。
さらに自宅に着くころにはあれだけお腹一杯だったのがかなり楽になっている。

中華は毎日食べるのはツライが、この店は毎日食べれることを前提に
しているのか、タンタンメンはかなり濃厚で塩味がきついと思ったが
よくよく考えるとコップ1杯の水しか補給してなかった。


一般的な町の中華屋さんで化調を使わないってすごい、名店ですねここ。