少し遅めの出社時、上大岡駅の崎陽軒の販売所で弁当を
買っていこうと決める。
ハマの朝ごはん弁当590円というのもあったのですが、
ランチに食べるんだしなと普通のシウマイ弁当を。

1年に何度かはシウマイ弁当を食べることにしてます。
ランチ、デイナーでアイデアなしのときが多いですね。

これは見てのとおり、紐タイプの横浜工場謹製のお弁当です。

1896161_1825929988_30large


経木と紐がつかってあるのが横浜工場謹製ですね、東京の大島工場のは紙製で片開き
なって紐で縛ってないですしね。

さていただきます。

何度も食べても飽きることがない、不変のお弁当、同じことをずっと続けているということは
称賛に値することだと体感させてくれる弁当。

堅めに炊いて米粒がとりにくい俵ご飯、冷めても食べれる唐揚げ、シソ昆布に
これだけでも飯も酒もいけるぜいな甘辛く煮た筍、玉子焼きにかまぼこ、口直しの杏
そしてシウマイ。

1896161_1825929980_72large




何年たっても同じ味に出合えるということはとてもスゴイ、時代が変われば
食材の入手も困難になることもありえる、さまざまな工夫があるだろうけど
それを意識させずに、同じ味を出し続ける、横浜というより日本が誇る弁当ですね。