品川経済新聞を見ていたら、品川シーサイドにあるイオンの地下のフードコートに
下町銀ちゃん焼きそばが出来たという記事があった。

築地銀だこと同一の会社のチェーンで弘明寺にあったアンテナショップで
一度食べた記憶が。
あまりソース焼きそばを食べさせる店もないので、この日はこの店へ。
隣にある讃岐うどんの店は行列だが、こちらには一人も客がいない。

大盛りをオーダーしてみたのですが、持ち帰りでもかなり待ちますね。
店頭に出している弁当の製造のほうが忙しいような感じもします。

GRD8 177


量的には結構なものですけど、味が薄い感じ、鉄板焼きのソース焼きそばなら
もうちょっと濃厚なほうがいいかな。
並とおにぎりの組み合わせもあるのでそっちのほうがいいかも。


さて番外。


何気なく読んでいた雑誌にでてたOlasonicの TW-S7。
USBタイプのSPなのに、やたらにA&V雑誌に出ているし、それなりの値段(1万)に 惹かれてオーダーしてみました。

詳細はこちらを。


オーダーはステレオサウンドのサイトから。 オーダーから約1週間で到着。品薄なのか、かなり遅いですね。 でバカでかいダンボールにはいってましたわ。
実際に開けてみるとデカイなこれとおもわせるサイズです。


GRD8 186


シリコン素材のインシュレータがついてきます、というかこれがないと転ぶ転ぶ、
単体では全く、安定性がないです。

GRD8 189



で音ですが、Nearリスニング用ということなので、あまりに近すぎていいのかどうか 断言はできませんけど、定位はしっかりでますし、このサイズでもパッシブラジエータを採用しているので筐体全部が共振してこのサイズ、パッシブからはちょっと想像できない 低域がしっかりでてきます。
特にSP後方に、空間がとれれば直、音に幅が出てくるかな。


ただ、パソコンのそばに置くのは近すぎてどうも。
USBなので、REGZAに接続できないかと考えています、このインシュレータを
交換すれば、さらに低域は締まりますし、振動を極力おさえてしまえば、高域も延びるかと。
確かにPCのSPとして、この値段なら上出来の部類かなと思います。
ちなみに音を出すまでにちょっとしたタイムラグがありました、説明にある、充電ってやつですかね。

とかいてて、PCのボリュームをMAXまで持っていくと、がらっと表情が変わりました。

こりゃすごい、このサイズとは思えないほどの音圧、広がり、そして
定位が両立します。
パッシッブのうーはーもフルボリュームにするとメリハリがバリバリ
つぃてきます、これはいいSPです。

もっとインシュレータを固めれば、さらに締まった低域が前に伸びてくる感じですね。普段は、大型のCelloのDobleAmatiシステムという4ユニットを組み合わせたSPで
音楽を聴いているのですが(Celloのシスコンを組んでます、パワー、ぷり、DAC、ケーブルがすべてCello)、これはこれで非常に面白くてたのしめます。