徒然 Ver3

見て美味しそうと思える料理の写真を メインに更新していきたいです。ただ無理出来ない体なので いきなり停止したらごめんなさい

2012年03月

関内 洋食ポニー ミックスフライ定食(閉店)

入店したのはおそらく去年の暮だと思います、一枚だけ写真がみつかりました
フォーカスもずれていたのでちと加工を。

ポニーは関内勤務時代はかなりの頻度で通ったお店、ここの接客サービスの
レベルはこの近辺でNo1だと思ってますから。

ミックスフライはよく頼みました、オムライスは土曜だけでしたからね。

このミックスフライをとある小説家が絶賛しているという話もずいぶんに聞いた記憶も。

安心して入れて頼める一品ですね。

ggjjjjjj



ライスはついてきますが、味噌汁は別オーダーとなります。

ほーこれはと買ってみたおやつ

「たけのこの里」と「きのこの山」の対立ってのがあったんだそうで、
その和解のためにでた、大連立シリーズ。

その対立シリーズの一部がこれ。


その一部がこれ、すごいですよこれは。



1896161_1574349847_89large



私はたけのこの里かなあ。


ついでにこれ。

中華街で買ってきた麻辣花生

1896161_1559632043_250large


関帝廟の斜め前にある「隆泰商行
で一袋130円で購入。
うーん、辛い痺れる感じはあるけど、華隆餐館 で食べたほどではないですね。

東戸塚 スシロー 創作寿司

東戸塚に一日出張中のときのこと、ちと昼時をはずして
スシローさんへ。

カウンターで食べるのは2度目なのでシステムにも慣れた、今回はあえて
創作寿司ばかりをオーダーすることに。

タッチパネルでまず1つ。

豚角煮寿司  うーん、今一つの感あり。

1896161_1561309749_11large



とろいわし、なんでとろ?と思ったら、イワシの上にのっているのは大根おろしじゃなくてとろろか
これはありですね。

1896161_1561309747_132large


エビアボカド マヨネーズの下はキャベツ、アボカド、エビはいらないくらいに酢飯にあうな、アボカド。

1896161_1561309745_172large


サンマ香味寿司

サンマを揚げてるのかな、ちと油っぽい。
1896161_1561309743_123large


エビ天寿司

まんまエビのてんぷらが酢飯に載ってる(笑
揚げたてなのがウレシイ

1896161_1561309742_223large



渡された札にある番号が示す色と、オーダーしたときの器の色が違っているので
これは私がオーダーしたのか?と疑問に思ってとらなかったエビチーズ寿司

1896161_1561309740_200large


回転寿司は自分のペースに合わせて量を決められるのがいいですね。


スシロー 東戸塚店 ( 東戸塚 / 回転寿司 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ

関内 魚屋 はちまき 日替わり定食

例のアクシデントで普通に食事ができるようになりました。

平日のとある日、休みをもらって関内へ。

最初、関内プラザの「やす一」という店にいってみたのですが、
なぜか営業してない、あら?
ただ、そこには15人を超える長い行列が。

何度か出向いている芳寿司の前に行列、11時29分だったかな。
いやーこの時間でここにこれだけの行列ができるのか、しかもおっさんばっかり。
近場のサラリーマンという姿の人はほとんどいなかった、出張中のひとたち?
こんな早い時間に並ぶって…


関内プラザでランチはスルーか、まだ洋食とは負担がかかるだろうから「グリルサクライ」
も無理か、じゃ和食の店をと考える。
はちまきは11時45分からだっけ、近いから覗いてみようっていってみたら
かなりの人数がすでに店内に。あ、もうやってると入店。

今日は外に看板メニューが張り出されてない。
刺身定食は前回、食べたから、どうしようか、テーブルの上にメニューあり。
限定の日替わりがあるかどうか、聞いてみたらあるというのでオーダー


1896161_1572996986_110large



ちょい時間がかかってでてきました。

ヒレカツと赤身、おでんと小鉢2つ。

1896161_1572996976_20large



お代わりさえしなければ適度な量です。
味噌汁には大きな貝が一つはいってました、この日は味噌汁が花◎でした。

1896161_1572996981_6large

品川シーサイド 不二家 「LOOK アラモード」


課内の女性陣の差し入れ。

今回はイオンの地下にできた不二家の「LOOKアラモード」
以前にも同じ「LOOK」のケーキがあったんですが今回新しくなったようです。

詳細はこちらを。
差し入れなんで自分で食べてることがないので味は不明、ま、喜んでましたが。

1896161_1576445343_47large


これを買ったときにその「LOOK」も一箱もらいました、キャンペーン中とのことらしいです。

1896161_1576445341_105large

川崎 味のデパート コシバ食堂 ハムカツとナポリタン【営業停止中】

再開します、これは過去の掘り出したものです、まだ普通に食事できてないので。


とある日、京急川崎で下車、ランチにしようと街中に向かう。時間はすでに13時をすぎている。
さてどうしようとふと考える、そういえば、昭和の雰囲気を出す食堂があったはず。
そこへ向かってみようとうろ覚えでお店に向かう。

川崎って信号の待ち時間がやたらに長い気がするなと思いながら信号を待って
うろ覚えの方角へ。砂子通り?を抜けてこの辺かなと思ったらあった、コシバ食堂

1896161_1564846024_58large


いまどき、こんなサンプル棚を店前にだしてるのも珍しい。

1896161_1564845998_76large



店内は左のほうは壁に向かってのカウンターライクな席、右と真ん中はソファと4人テーブルですね
1896161_1564846014_245large



元気のいいおばあちゃんがやってきてオーダーを。
ってメニュー見てないんだけどと思ったけど、パッと見でハムカツ単品といったらすぐに厨房へ
あわてて、ナポリタンもとオーダー。厨房にはスパゲテイという声がかかっている。
なんかいいぞ^^

ちなみにメニューはこんな感じ


1896161_1564846019_183large
1896161_1564846017_177large


もう昼過ぎなので満席ということはないですが次から次に客がはいってきます。
客層もバラバラで年配の女性グループや、じいさまとか工場で仕事している人とか。
地元の人が入る店なんですね。



さて5分足らずで両方そろって出てきました。

ハムカツ

1896161_1564846012_143large


結構厚切りじゃないですか、オーソドックスが素敵。
これで450円ですか。

でナポリタン。

1896161_1564846008_207large


これはちと脂っぽい、が、ずっと熱々なんですよ、冷まさないと食べれないくらいに。

1896161_1564846001_38large


両方そろえて一枚!
アービールがほしいわ、これだと。

某所にてアクシデント

すいません、少し更新、止まります。

ある場所のとある店で食べたもので食あたりらしい。
強い酒も飲んでたので翌日の気持ち悪さは二日酔いかと思ったのですが、
翌々日になってから左半身に痺れ、起き上がれない抑圧感、激しい下痢。

不思議なのはお腹に痛みも熱もないのです。


私だけならと思ったのですが、同席した人たちも同じ症状で寝込んでいる。
こりゃ間違いない。
強制デトックスだと、昔からおかしいものを食べたときはこれという漢方を。
おかげでトイレと切って切れない仲に(笑

開始予定は26日です。

弘明寺 まさき亭 坦々麺と餃子

とある日の帰宅時、特急に乗車してたので神奈川新町で各停に
乗り換えて弘明寺で下車。

夕飯の食材をと思ったが、まさき亭の前を通りかかると空いてる、んじゃと入店。
さてなんにしましょうとメニューを。


1896161_1562692584_52large


1896161_1562692582_45large


通常、中華屋さんに入ると大概、定食ものか、チャーハン餃子と頼むことが
多いのですがこちらの店は麺類が充実。

中華麺を食べないのはかん水の味とにおいがやや苦手だから。
でも濃い味付けなら大丈夫(冷やし中華とかちゃーめんは平気)と坦々麺を。ついでに餃子も。

厨房を見ていると鮮やかな手つきに場慣れた場所移動。無駄がないのですよ。
この大将の動きを見てるだけでもこの店に入ってよかったと思得るくらいに鮮やか。

さて出てきました、坦々麺。
1896161_1562692578_160large


麺を見たらやや四角く平べったい感じ(まだ食べてない状態、食べてる最中の写真は見る側に失礼だと
思うので)

1896161_1562692575_105large



汁なしを除いて坦々麺を食べるのはかなり久しぶり(年を単位として)。
で感じたことは、坦々麺ってこんなにあっさりしてたっけ?という疑問。
辛いことは辛いのですが、あっさりしててニンニクとか感じない。
ちと物足りない感じもある、が、後味の悪さはない。


餃子は皮がもちもち。肉汁が出てくるジューシーさがあります。
でもなんか不思議な味わいというかなんか隠し味に普通含まれないものがあるように思える。
美味しいんですが何だろうこの味はと不思議に感じるものがありましたわ。


1896161_1562692571_229large

横浜橋 宝水産 6種丼

所用があって、産業貿易センターへ。

残念ながら日曜なので地下街は休日閉店。

これは浜志の陳列棚

1896161_1559557849_29large



爆盛りのどん八も休み

1896161_1559557854_136large


メニューが張ってあったので一枚パチリ。ちょっと値上がっているのは仕方ないことか。

1896161_1559557848_128large



さすが日曜、関内、伊勢佐木をぐるぐるしたがこれといった店が見つからない。
ぐんぐん歩いて、伊勢佐木から大通りへ。

「バーグ」「和食いちばん」はやっているがうーん、どうしよう。

そのまま、横浜橋商店街へ出向く。

「豊野」「豊野亭」はお休み、「梅月」はやっているが揚げものはパスと。
てくてく歩いて目の前に「宝水産」

すでに営業中、見ると先客なし。本日の日替わりというメニューも見える、ここにしよう。

カウンターに貼ってあるメニュー、値段に変更はないようですね。

1896161_1559555399_160large
1896161_1559555395_230large



でこれが本日のお薦め

1896161_1559555393_226large


ぱっと眼に入る「6種丼」、これがいい、これをオーダー、白飯か酢飯と聞かれたので酢飯をお願い
することに。

お新香にマグロの角煮の小鉢は以前と同じですね。

8分後、でてきたのがこれ。

1896161_1559555405_61large


なんとキレイに盛りつけられていること。
特筆はハラスとカマスでした、この2つは特にアブラがのって美味しかったです。
で改めて思うことは、刺身を乗せる海鮮丼には酢飯があいます。

温かいご飯では刺身が生ぬるくなってしまって。
ちょっと冷たいくらいの酢飯のほうが私は好きですね。

横浜中華街 獅門酒楼 


岡山在住の医者の友人が横浜市内で開催される医学学会のため、上京。
横浜にホテルをとってるとのことで、中華街へ繰り出しました。

まずはとんでもない人出の横浜駅を抜けて中華街へ。
さすがに週末の中華街混んでます、ぐるっと案内して ,目的の店[獅門酒楼]へ。

1896161_1406234176_126large


この店、ありきたりなものは出さないし、出してくるものに 外れなし。


青島ビールと生ビールをもらって乾杯
最初は牛センマイの葱油ソース和え

1896161_1406232958_70large


生き帆立の葱醤油ソース炒め

1896161_1406232946_106large


マンゴーとエビのサクサク変わり揚げ マンゴーソース

1896161_1406232951_239large


干し豆腐の和え物

1896161_1406232954_36large



このほかに酔っ払いえびと五目チャーハンと厚切りチャーシューを。

いずれも薄味で飽きることなし。
特に、生き帆立の葱醤油ソース炒めと干し豆腐の和え物が旨い。
さらにいうと、この豆腐の和え物、めっちゃ癖になる味。
これ旨いです、オーダーして正解。

マンゴーとエビのサクサク変わり揚げも相変わらず旨いし,こちらってランチも
旨いし、おすすめですね。

最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 北品川 ラフェクレール で差し入れ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義