徒然 Ver3

見て美味しそうと思える料理の写真を メインに更新していきたいです。ただ無理出来ない体なので いきなり停止したらごめんなさい

2009年01月

東戸塚 ダイエー 歓迎 餃子とチャーハン

以前から蒲田の餃子の名店「歓迎」の支店が東戸塚にあると聞いており、出張の途中に立ち寄ることに。駅前のダイエーってこんなところにあったのか、と思うような場所。しかもお店はフードコート、隣はサーテイワンにウエンデイーズ。フードコードにしては場違い的なイメージが。


GRD4 509



とりあえず片言の日本語のコックさんにオーダー、定番羽根付き餃子とレタスチャーハンを。オープンカフェといえば聞こえはいいけどなんだかなー(笑)、小皿とか箸と調味料は全然違うところにあって、餃子のタレを作って自分の座るところへ。お冷はカウンターのところに紙コップが用意されていて自分で注ぐ、フードコートだからそれは当然。
待つこと12分、待たせるな^と思いながら、客は私一人なので(笑)
コックのオッちゃんの動きとともに料理を取りに。うーん本店とは違う…
餃子の羽はついているものの、なんだろうこの油の量は!羽根に油がぎらぎら。肉汁も少ないし、ちょっとこれはいかんわなー、しかも焼きたてのはずが冷たいし。

GRD4 514



チャーハンも油ぎらぎら、味付けはちょうどいいんですが、フライパンで作ったチャーハン、明らかに火力が足りない。腕がいいコックさんだと思うんだけど、この設備では無理がありすぎ(炒める音が小さかったからキット電気、ガスが使えても中華の火力ではない)。

GRD4 513



うーん、これが歓迎の味とは思って欲しくないな。本店の餃子のレベルには程遠いものですから。
ここで食べた方は是非に本店にまで足を伸ばして欲しいと思います。

秋葉原 まぐろ亭 まるき丼

秋葉原と神田の中間にある事務所で打ち合わせ予定があったので、まずは神田で下車。
神田かめやでそばでも思ったら長蛇の列、時間が悪すぎ 12:15だもの。
軒並み長蛇の列、神田きくかわで大串の鰻と思ったがここも行列、とことこ歩いて
打ち合わせビルの前も通過(笑)、そのまま歩いてダイナオーデイオでも行こうかと思ったら、あ、そうだまぐろ亭がある、客が2名だけ。話の種かと入ってみることに。


GRD4 485



カウンターと1つのテーブル、店内は年季を感じるというかあまりキレイではない。
お茶は完全セルフで、入り口近くにある湯のみをもってきてその場のポットでお茶を飲むかカウンターにある冷水を飲むかのどちらか。いずれもセルフです。


まるき丼1500円をオーダー。
黒い札が目の前におかれる、なんだか料理をしている人がオーナーなのか廻りの店員さんへの細かい指示がガンガン飛んでいる、うーん、最近アノやり方では人付いてこないと思うけどな^


出てきたまるき丼がこれ。


GRD4 483


見た目のインパクトがスゴイが、もっとすごいのはご飯。
酢飯ではなくて普通のご飯、しかも目一杯。あまり良くない米なのか炊き方もおかしい。

GRD4 481


醤油は煮きりと普通の2つあり、味噌汁は飲めたものじゃなかったです、薄くて。
ただ量を盛ればいいって感じ、これは昼に閑古鳥もなんとなくわかる気がする。
リピートはないかな、量も半端なく多いし、私には許容量オーバーでしたから。


上大岡 味の店 とし カキフライ定食(閉店)

そういえば、昨年暮れから今年にかけてまだカキフライを食べてないなーと思って、揚げ物専門店である、この店に。

ちょうどランチ時、結構、人が入っているが、数箇所テーブルの空きがあり。さくと座って、「カキフライお願いしまーす、ご飯は少なめにお願いします」とオーダー。ここも丼にご飯をてんこ盛りにしてくるのでオーダーの際、お願いしておかないと。


一見とっつきにくそうだが、実に丁寧なサービスをしてくれるおばちゃんに、ランチはお手伝いの人、身内なのかなおにーさんが入っている。
そして揚げているのはいつもの老伯楽をイメージさせる大将。

サービスランチはトンカツ定食だがあまりそれを頼んでいる人はいないみたい。チキンカツ、しょうが焼き定食などの声が飛んでいる。

なんだか見ていると昼間だというのにビールとかサワーを頼んでいるおっちゃんが多いわ。とはいえ女性もそれなり一人ではいってらっしゃったりするし、昔ながらに顧客がついていることですね。
(現在は再開発中のため、仮の建て屋で営業中)

さて頼んで10分、
でてきましたカキフライ。予想もせず大粒のカキが6つ!
まずはそのままで食べてみると、サクっという感触で中からじわーとエキスが出てくる、美味しい。

GRD4 467



次にウスターソースをかけて食べる。
さらにカラシをつけて。うん、これはこれで美味しい、残念なことはタルタルがついていないということ。
十分カキフライだけで食べるからいいんですけどね。
中濃ソースも試す、うーん、ウスターのあっさりさのほうが好み。

GRD4 468




素朴なポテトサラダも旨い。
もう一つ特筆すべきはここのお新香。白菜とカブのお新香が抜群に旨いっす、これでご飯が食えてしまいます。

ご馳走様でした。

上大岡 味楽 パイコー飯


小雨、降る中、訪店。
珍しくも空いている、奥にあるカウンター(4席)に座ることに。
この店の最大の欠点は喫煙が自由であること。食事の席で知らない人間に
いきなりタバコをプカプカされるのは気分が悪い。吸いますと一言言ってもらえればそれでよいのだけども。

さて、料理のオーダーをする前に茜茶割りを注文。
茜茶割りは小豆をベースにしたお茶の一つで、小豆を煮出した汁からお茶をつくるものらしい。
思った以上にすっきりして、苦味やエグミはなかったりする。
ポリフェーノルの含有量も食物繊維の含有量も他の食品とは比べ物にならないんだそうな。
焼酎を割ったものになるわけだが、あまりお酒という感じがしない。

GRD4 461



さて10分ほどするとパイコー飯が到着。
見た目にも青梗菜がなかなか色鮮やか。きちんと油通ししていないとこの色合いやしゃっきり感は生まれない。

GRD4 463



パイコー飯、ココ10年ほど食べたことがないメニューだったりします。
最後に食べたのは確か、関内にあったランチボックス(閉店)だったか。この店は女将と大将が厨房で大喧嘩するのが毎日の日課、安くてめちゃ量があるんだけどまずい(笑)でも、ほんとに安いので割りといってた店、そこで食べたのが最後だと思い出したんですパイコー飯。


この味楽は餡かけモノが絶品なので間違いないだろうとオーダーしたんですが、やはり想像通り。
カレー味の揚げた豚肉に、青梗菜と竹の子の餡かけ。この餡かけはやはり絶品、これだけでご飯が食えるくらいに旨い。
カレー味もしつこくなくて旨い、ほんとに美味しいですよお。


GRD4 464

上大岡 とんかつ 美とん さくらい 鳥の唐揚げ定食

何気なく入ってしまったので、これは何か注文しなければととりあえずレモンサワーを。
お、ウーロンハイは今一つだったけど、レモンサワーは美味しい、意外だ。
これのおつまみ兼がっつり食べておきたいかと思って頼んだのが、鳥の唐揚げ モモ肉。


GRD4 459



なぜにモモ肉とわざわざ書くかというと、理由あり。
以前、この店で鳥の唐揚げ胸肉を頼んだことがあるんです、以前、頼んだときはこのバイです…

店の人にも多いのはどっちだっけと確認したくらいです、量を望むなら胸肉の唐揚げを頼むと良いです、チキンカツなんてさらにすごいでっせ

新橋 カルカリ インドカツカレー と温泉タマゴ


またもやいろんなところで食いっぱぐれてたどり着いた先がカウンター席だけで構成される新橋のカルカリ。
これで3度目の訪問。インドカレーが美味しいことがわかってからは2度目。今回は最初にオーダーして間違えられてしまって出てこなかったインドカツカレーを。


店内に入ると、カウンターの各席にずらっとタマゴの列。
は?

GRD4 436



席に座るとすぐに冷水がでてきて、オーダーを聞かれる、この店の応対マナーはとてもよいです。
でオーダーはインドカツカレーをお願いしたところ、「本日は温泉タマゴがサービスになっています」とのこと、月曜は温泉タマゴがサービスになるんだそうです、ふむふむ。




しばらくすると出てきましたインドカツカレー、薄くしいたご飯の上にカツ、そしてインドカレー。


GRD4 437



まずはカレーを全てご飯の上にかけて、温泉タマゴをトッピングします。

GRD4 438




英国産のウスターソースをカツにちょっとかけて、黄身を割ってみます。
うあーい美味しそうだ。

GRD4 439




ただ、思ったこと。
この店ではカツカレーのオーダーはもうしないかと。ここのカツは造り置きもかなり時間のたったものを使っているので、カツが冷めていてまずい、脂身の強さしか感じない。インドカレーの具材として鶏肉やにんじんなどがしっかり入っているのでそれで充分。

温泉タマゴのトッピングはありです、うっすらと汗をかくほどの辛さがあとから体内にジワジワ来るのですが、口あたりは黄身でまろやかになりますから。

.品川シーサイド 陳麻家 陳麻飯


青物横丁のジャスコにある、陳麻家。このチェーンはライセンスによる提携が多いので本家のサイトに出てないことも多い。
この店はどうも人材関連企業による出店らしい、だからメニューの数が少ない。
ファミリー向けのメニューに統一しているのでツマミ系のメニューが少なかったりする。
この店では坦々麺を食べるのが定番であり、その次の定番が陳麻飯、いわゆるマーボー豆腐丼。

これも辛さが変更できるかと店の人に聞いてみたところ、山椒をかけてくれとのこと。

ならばとかけてみた。


NEC_0570









辛くない、苦いだけ。今ひとつだわな、ご飯の量は私には多いっす、もう少しご飯少ないとうれしい。

大森 鳥久 七号弁当


私のフェイバリット弁当のひとつ、大森鳥久のお弁当。
今年初めての購入、小雨降る中、早朝6時に出向いて購入。話によると朝5時台には販売されているそうな(種類は限られるけど)。
仕込みは朝3時からで、家族総出で仕込んでおられるとか。

店頭に出張るのは、日本のおばーちゃんって感じがする人、このおばーちゃんとたわいもない挨拶をするのがひとつの楽しみだったりします。
本当ににこやかで、なんだかほっとします、一度購入されればわかると思いますよ。

GRD4 465



ちなみにこのお店、人気店ですから、昼前後にはほとんど売り切れてしまいます。
一番いい時間は多分8時くらいですかね。
6時台は販売するお弁当の種類が限られているんですよ、盛り合わせとか売ってないから。

今年もこのお弁当にはお世話になると思います、ご馳走様。

京急川崎 中華 四季 炒飯(閉店)

これまた時間のないときに便利な中華屋さん、京急川のメインの改札口右側すぐにある「中華 四季」。なんとなく入りにくい感じのある店なので妙な敷居の高さがある。
店内は普通の中華屋さん、失礼ながらあまり清潔感があるわけではない。
入ってすぐ右側に自販機があり、ここで食券を購入する。するとそれをじっと見ている中国系のねーさんがすばやく厨房にオーダーを飛ばす。
その後、案内されて空いている席に座る手順となる。
初めてきたときは、スタミナ定食なるものをオーダーしたところ8分ほどかかって出てきたが、今回は炒飯、他に待ちの客もおらず3分程度で出てきた。見た目、ごく普通の炒飯(600円)

GRD4 455



味も普通で可もなく不可もなくごくごく普通に食べれる炒飯。
まずくはないし、とりたててここが美味しいというわけでもない。
中を見ても普通の炒飯であって、これといった具材はないんですね。
まあ、これはこれでありかなとも思いますわん

GRD4 457

鮫洲 すき家 牛皿定食



何気なく頼んでみました、玉子がついていたので。

GRD4 453



私、すき焼きを食べるときに、玉子を溶いて肉、野菜をつける理由が理解できません、そのままで食べたほうが美味しいと思いますから。
特に白身と黄身を攪拌したら、黄身の味がぼけるだけ、それに肉をつけたら美味しいわけがない。

だから玉子は玉子かけご飯にしていただきました。


有名なすき焼き店でもそうやって玉子を出して溶いて食べろといいますが
それって牛肉を美味しく食べる方法なんでしょうか?
昔ッ〜の疑問です、普通にやいてタレつける、塩で食べるほうが素材がいいいならそっちのほうがいいと思うんですよね、これって悪しき食の習慣の一つだと思います。
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 北品川 ラフェクレール で差し入れ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 青物横丁 さくら水産 Bランチ
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義
  • 上大岡 廻る寿司 義